アセットマネジメントとGISの連携
事例:下水道設備の長寿命化

現在、アセットマネジメントの手法は、下水道管理、道路ストックなど、あらゆる維持管理の場面で注目を浴びています。
仙台市では下水道設備の長寿命化のため、アセットマネジメントの手法を取り入れました。
そこで株式会社ウェーブフロント製品「FLiPS」と「PC-MAPPING」をデータベース連携し、情報収集の仕組みを整備することで、リスク計算・長期費用試算をシステム化しました。
なおこの事例ではPC-MAPPINGへの機能追加を、佐野コンサルタンツ株式会社が行っています。

空き家対策管理支援システム

空き家管理台帳の機能として、空き家の危険度の判定や、行政文書の出力など事務処理のための必要な機能を網羅し、自治体の空き家対策をサポートします。
また、いつでも誰でもスムーズな窓口対応を行うために、履歴管理が有効です。
実態調査では、モバイル調査システム「出簡調」「空き家管理支援システム」の連携によりスムーズな更新を可能にしました。

維持管理のためのPC-MAPPING