TOP > 製品紹介 > [PC-MAPPING] 編集機能
 編集機能
豊富なデータ編集機能を標準装備し、柔軟かつ見栄えのある地図データベース作成を支援します。
一般的な作図機能はもちろんのこと、さまざまな局面において高度な構造化データを構築できます。
国土数値情報(土地利用等)や国勢調査などの統計情報においては、メッシュデータとして整備が行われています。
メッシュデータは、アーク、ノード、ポリゴン、ポイントのベクター要素と同様にレイヤのメッシュとして属性を持つ事ができます。

また、メッシュのカラー設定は専用のダイアログボックスで行い、メッシュ属性値の更新による描画もすぐに反映されます。

背景イメージを持つレイヤーの一点を指定することで、該当する位置の輪郭をベクターデータへ変換します。
さらに、境界ポリゴンのベクター変換機能は、建物や土地の輪郭線のポリゴン生成に威力を発揮します。

作図作業を行うだけで、位相構造(トポロジー構造)を持つ構造化データを簡単に構築できます。
機能が多数用意されているため、作業内容、業務内容に合わせた作図が行えます。
▼ 特殊線作図
また、作図時に専用ダイアログから、座標・方向角・距離による指定ができます。
▼ 四点交点

ウィンドウ分割で一つのプロジェクトを複数のビューに分けた場合、同じ箇所を表示しているウィンドウであっても、そのビューにウィンドウ特定の表示モードを指定することができます。

Eシェイプは、構造化ベクタとは異なる簡易作図ツールです。

属性や描画などの細かい設定を行わなくても、線・面・文字・シンボルなどの要素が簡単に作図できます。
検索、巡回表示の他、場合によっては構造化されたベクターデータへの変換も行えます。
また、CAD的なレイヤー構造を持っており、レイヤー単位での表示/非表示が行えます。

広域イメージ統合広域イメージ従来の広域イメージでは、大きなイメージを分割したものを並べて表示していましたが、統合広域イメージは、その逆で、イメージを統合し一つのファイルで管理します。
場合によって数千を超える画像ファイルを一つのファイルとして集約管理し、最適な解像度のイメージを広域イメージのように必要な部分のみを切り出して表示するため、高品質な画像を高速かつ繋ぎ目なしで表示できます。

簡易オルソ変換通常の正規化処理に加えて、単写画像から撮影時のカメラ焦点距離、撮影高度、トンボ点、正規化基準点と標高データから、正射(オルソ)画像に変換します。

座標を持たない二つのイメージデータに対応する点を生成するだけで、簡単に合わせ込みを行なうことができます。
また、変換と同時にポイント位置の範囲内を切り出すこともできます。

基準になる座標と仕上がりサイズを指定するだけで、正確なイメージに補正します。
平面投影変換、アフィン変換、ヘルマート変換、ヘルマート変換 最小二乗法、三角形分割アフィン変換、アフィン変換 最小二乗法、擬似アフィン変換といったさまざまな正規化手法をサポートしていますので、四隅座標がない図面でも基準点やメッシュの交差部分を利用して処理できます。

ショートベクターフィルター
イメージの部分削除や、イメージの小さなドット(ゴミ)をプレビューで処理結果を確認しながらクリアします。
図面上の数字・記号などをある程度除去する事もできますので、その後のラスタ/ベクタ変換においても作業効率を大幅に向上する事ができます。

イメージの領域クリアー
これまでPC-MAPPING上で一部分だけ注記を消したい場合は、「イメージ編集外部プログラム」を利用して行っていましたが、Ver.7ではPC-MAPPING内でもイメージの部分削除が行えます。

ADO、ODBC等外部データベースを利用したリアルタイムの連携はもちろん、操作性にも優れたPC-MAPPING独自形式の内部リレーショナルデータベースを装備しています。
PC-MAPPING内部データベースから外部データベースへ特定のフィールドだけエクスポートするなどさまざまな設定が行え、その設定を保存することもできます。
双方を併用・活用することで、処理速度の向上と、多様な管理形態のニーズに対応します。

PC-MAPPINGは、街区レベル位置参照情報データを加工した日本全国の専用データベースを装備していますので、既存の住所データを解析して、その位置の検索や地図上へ自動でポイントを生成します。
1つのフィールドに入力された住所データを解析して、分解・整形することもできます。
▼ ポイントの生成
▼ 住所フィールドの分解