サポート > 更新履歴(機能追加・障害報告)
 更新履歴(機能追加・障害報告)

Ver.8.020〜
Ver.8.010〜Ver.8.019
Ver.8.001〜Ver.8.009
Ver.7はこちら
2021/12/03 [8.022]
  • [スタート]-[システム環境設定]-[操作2]で、リーディングスクロール機能の設定機能を廃止。
    また、リーディングスクロール機能自体も廃止とした。
    どうしても使用したい場合は、pcm.iniで
    [SystemEnvMgr]
    LeadingScrollOld=1
    LeadingScrollFast=1
    LeadingScrollScaleFlag=0
    LeadingScrollScale=1000
    LeadingScrollM1=0.1
    LeadingScrollM2=0.4
    LeadingScrollStep=5
    LeadingScrollAdv=0
    などの設定で一応可能。
    リーディングスクロール機能
  • [スタート]-[システム環境設定]-[操作2]に、「異なる座標系のレイヤーの合わせこみ描画で、(高速な簡易ではなく)厳密な投影計算を行う」チェックを追加。
    これがONの場合は、[プロジェクトエキスパート]-[表示モード]パネルの「異なる座標系のレイヤーの合わせこみ」がONでの描画計算において、四隅を合わせた簡易なアフィン変換ではなく、厳密な投影変換計算を行う。
    処理速度は低下するが、小縮尺表示時の誤差は低減する。
    ※なお、これはベクターの座標計算に適応され、画像データには適応されない。
    画像データに関しては従来通り四隅の座標での合わせ込みとなる。
  • [地理院地図]-[タイル形式画像リンクデータ]-[タイル形式画像を広域イメージに登録]で、[タイル画像を広域イメージに登録]ダイアログボックス内に「元のファイル(拡張子)のまま保存する」オプションを追加。
    【地理院地図】地理院タイルデータの利用@ [地理院タイル画像]
  • [属性]-[オプション]-[属性転記]-[属性転記(レイヤー間)]において、「アーク代表点から最近接するアーク属性」を追加。
  • 「図上計測」で斜距離・斜面積を計測できるようにした。
    [ツール]-[図上計測]-[図上計測プロパティ]で
    • 区間斜距離
    • 延長斜距離
    • 傾斜面積
    の各チェックボックスを追加、これらをONにする事で、プロジェクトに登録されたTINもしくは標高メッシュを参照してZ値を加味した距離、面積を算出する。
    図上計測
  • [編集]-[編集]-[編集作図]-[アーク延伸・収縮](コマンド:ArcExtend)を追加。
    ダイアログを出し、距離を指定してアークを延伸・収縮させる。
  • [編集]-[編集]-[編集作図]-[ポイントからノード生成]において、「ポイント・ノード間の(垂線)アークを生成する」オプションを追加。
  • [データベース]-[保存]パネル[複製]メニューを追加。
    • [データベース]-[保存]-[データベースを複製](コマンド:DbNew):アクティブになっているデータベースを複製したデータベースを生成
    • [データベース]-[保存]-[選択レコードのみを複製](コマンド:DbNewSel):選択されたレコードを抽出したデータベースを生成
  • [ツール]-[表示領域]パネルを整理して、「地理院地図」に加えて、「Google Maps」もボタンメニューに追加。
    更に「閲覧カスタマイズ」(コマンド:CJViewCustom)で、それらの地図表示に関わるURLをカスタマイズして、表示する地図種類を選べるようにした。
    また、ユーザー定義のURLで任意の地図サイトの表示領域検索をできるようにした。
    合わせて、「URLバーコードを表示」のオプションで、実際にブラウザを開くのではなく、そのURLのバーコードを表示してスマートフォン等で閲覧可能とした。
    表示領域検索
  • [インポート]-[点群・TINデータ]-[航空レーザープロファイラー]で、「ポイントデータは生成しない」オプションを追加。
    チェックがONの場合、標高メッシュだけを作成する(図郭だけの空のレイヤーは残る)。
  • データベース検索における「列挙型」のフィールドに関して、pcm.iniで
    [DbRecSearchDlg]
    EnumByValue=1

    をセットする事で、列挙される文字列で検索できるようにした(従来は「キーとなる整数値」で検索)。
  • 【シンプルリボンモード】
    リボンを通常の3段(文字+アイコン)から1段(アイコン)表示にしたシンプルリボンモードに対応した。
    メインウィンドウ右端のアイコンが該当する。
    また、カスタマイズ配置用に[ワークスペース]-[プロジェクトワークスペース]にも「シンプルリボン」チェックを追加。
    関連して、リボンカスタマイズの[名称設定]ダイアログボックスで、「シンプルモード時は非表示」チェックボックスのオプションを追加した。
    リボンバーのカスタマイズ
  • ステータスバーの標高値表示ではTINからの値を優先しているが、(オーバーヘッドが大きい場合)pcm.iniで
    [PcmView]
    HbyTin=0

    で、TINを参照しないよう設定可能とした。
  • [ツール]-[図上計測]-[断面図・縦断図]-[ポリゴン体積算出]で、
    • 参照する標高メッシュ
    • 参照するTIN
    をドロップダウンリストで指定できるようにした。
    また、「PolVolume」コマンドパラメーターに
    • -RefHMesh△標高メッシュタイトル
    • -RefTin△TINタイトル
    で参照するものを指定できるようにした。
  • [データベース]-[リンク]-[属性ウィンドウ]-[ベクター属性付与テーブルウィンドウ表示]について、
    コマンド:AttrTbl△-Sel
    で、選択状態のレコードのみを属性付与テーブルとして表示されるようにした。

2021/09/08 [8.021]
  • [インポート]-[点群TINデータ]-[LASデータ密度マップ](コマンド:ImportLasDensityMap)を追加。
    LASファイルデータを解析し、その点密度を指定のメッシュ間隔で求め、密度マップを生成する。
  • [インポート]-[点群TINデータ]-[LASデータサンプリング](コマンド:ImportLasSample)で、「指定のLASファイルに集約して出力する」オプションを追加。
    レイヤーのポイントデータにするのではなく、1つのLASファイル、もしくは"X,Y,Z,R,G,B,I,C"のCSVファイルに集約して保存する。
  • シェープファイルへのエクスポートに関して、整数型、実数型のフィールドで、「"0"は表示しない」に設定されているか、Null値に対応した状態で、Null設定されているレコードに関しては、空白の状態で出力されるようにした。
    ArcViewシェープファイルへのエクスポート
  • シェープファイルのインポートに関して、整数型、実数型のフィールドで空白値があった場合は、データとしては「0」をセットし、そのフィールドの設定で「"0"は表示しない」がセットされるようにした。
    ArcViewシェープファイルのインポート
  • [ツール]-[空間統計解析]-[ポリゴンオーバーレイ]-[ポリゴン・標高メッシュヒストグラム](コマンド:PolHMeshOvr)を追加。
    前景レイヤーのポリゴンに包含される標高メッシュ値のヒストグラム(データベーステーブル)を生成する。
  • [インポート]-[汎用/GIS]-[DM]-[DM(ディジタルマッピングデータ)]において、pcm.iniで
    [DmImport]
    FontSizeFactor=1.0

    の指定で注記フォントサイズをファクター調整できるようにした(デフォルトは1.0=調整なし)。
    【pcm.ini】インポート・エクスポート時の設定
  • [データベース]-[編集]-[セル編集]-[セル内文字列の並び替え](コマンド:CellSort)を追加。
    セル内の文字列を指定の区切り文字で分離し並び替えをした後、整列させた文字列をセットする。
  • 構造化ポリゴン生成時において、ポリゴン包含関係を判定する上で、一時的なポリゴンの代表点を求めているが、この代表点を生成する方法を従来の「スキャンライン方式」から「包含最大円を求める方式」に変更した(メッシュポリゴン等における代表点の精度向上のため)。
    また、同時に生成オプションがONの場合の代表点を生成する上でも同様に包含最大円を求める方式とした。
    なお、pcm.iniにおいて
    [SystemEnvMgr]
    PolyLabelMode=0

    で従来モードとなる。
    ポリゴン代表点

2021/06/21 [8.020]
  • [3Dビュー]-[表示]-[2Dビュー連動](コマンド:2DSync)を追加。
    Onの場合、2Dビュー側の拡大、縮小、移動に連動して3Dビュー側も表示領域を更新する(=従来の動作モード)。
    Offの場合は、2Dビュー側の表示に関わらず、手動設定された表示領域が確保される。
  • [地理院地図]-[現在の表示領域のベクトルタイルデータを取得]-[汎用(一般)](コマンド:VecTileLoad)を追加。
    一般のGeoJSONベクトルタイルデータを取得し、ベクターレイヤーとしてプロジェクトに登録する。
  • [インポート]-[汎用/GIS]-[GeoJSON]-[GeoJSON(ベクトルタイル)]を追加(コマンド:ImportVecTile)。
    フォルダーを指定し、その下層にある一般のGeoJSONベクトルタイルデータを指定してインポートする。
  • [ツール]-[標高メッシュ]-[日射量計算](コマンド:SunshineMap)を追加。
    指定のポリゴンの代表点、または、ポイント位置に対して、指定日における太陽位置を計算し、標高メッシュによる地形から日照時間と換算日照量を算出する。
    また、指定レイヤーのポリゴン構成アークのZ値をその範囲における樹木高としてオフセットするオプションや、時間毎の換算日照量や日照開始、終了時刻を記録するオプションもある。
    ポリゴン日射量計算
  • 画像ファイルの座標系設定に関して、GeoTIFFによらず、ワールドファイル等で図郭計算する場合、XYの範囲が-180〜180・-90〜90の範囲に収まる場合は経緯度座標としているが、pcm.iniで
    [SystemEnvMgr]
    CoordChangeFromXY=0

    の設定をする事で、デフォルトの座標系が直角座標であれば直角座標になるようにした。
  • [編集]-[編集]-[編集作図]-[文字列フォントベクター生成](コマンド:TextFontVec)を追加。
    文字列を持つ要素からそのフォントのアウトラインを取り出し、アークとポリゴンで構成されるベクターレイヤーを生成する。
    ※フォントの情報読み取り等における制約等で、実際に描画される枠を正確にベクター化される訳ではない事に留意。
  • 【pcm.iniにおける設定管理】
    第1補助iniファイル、第2補助iniファイルによる追加・補助設定機能を新設。
    pcm.iniファイルの設定で、
    [Profile]
    Profile1=(第1補助iniファイルのパス名)
    Profile2=(第2補助iniファイルのパス名)

    を指定する事ができる。
    また、起動オプション
    -ini1△(第1補助iniファイルのパス名)
    -ini2△(第2補助iniファイルのパス名)
    を指定する事も可能で、起動オプションでの指定が優先される。

    通常のiniファイルの参照に関して、
    • 第1補助iniファイルにその記述があれば、その値が参照され、
    • 無ければ、本来のiniファイルにその記述があれば、その値が参照され、
    • 無ければ、第2補助iniファイルにその記述があれば、その値が参照され、
    • 無ければ、デフォルトの値となる。
    ※第1補助iniファイル、第2補助iniファイルはあくまで参照されるだけで、書き込みは全て本来のiniファイルに対して行われる事に留意。
  • 「整飾プロジェクトプロジェクトビュー」を使用した場合に関して、(通常は)ターゲットプロジェクトの表示領域に連動するが、整飾プロジェクトが参照するターゲットプロジェクトのキーリストに
    • @PrintFrameWaku=(レイヤータイトル)
    のレイヤーがあれば、そのビューの表示領域に関わらず、そのレイヤーの図郭を印刷枠に合わせて描画、印刷されるようにした。
  • 整飾プロジェクトでのプレビューの「台座」影付けに関して、整飾プロジェクトのキーリストで
    • @PrintFrameNoBase=1
    を設定する事で、影付けをOFFにするようにした。
  • ≪試験的機能:3D都市モデル(Project PLATEAU)インポート≫
    「3D都市モデル(Project PLATEAU)東京都23区(CityGML 2020年度)」データのインポート機能(コマンド:LoadCityGmlTokyo)を追加。
    *.gmlもしくは*.zipファイルを指定する(zipファイルを指定した場合、大量のデータが取り込まれる事に留意)。
    LOD1の表示に対応(3Dビューで閲覧可能)。
    LOD2に関しては、テクスチャー画像ファイルとtextureCoordinatesに関しては属性として取り込む。
    3Dビューにおいて、テクスチャー画像ファイルをプロジェクトファイルからの相対パスで取得できる場合、テクスチャー貼り付けを試みる。
    ※本機能はあくまで、上記データセットの取り込みに対応したもので、CityGmlフォーマットデータを汎用的に扱うものではない。
    3D都市モデル(Project PLATEAU)東京都23区(CityGML 2020年度) [G空間情報センター]
    【MAPCOM WORLD TOPICS】3D都市モデル(Project PLATEAU)東京都23区のインポートに対応しました
  • [3D]-[表示]-[テクスチャーマッピング](コマンド:TextureMap)を追加。
    テクスチャーマッピング機能による3Dオブジェクトへの画像の貼り付け処理をOn/Offする。
    この機能は、レイヤーのキーリストに
    • @TextureImage=(テクスチャー画像ファイルへのパス名が格納されているポリゴン属性フィールド名)
    • @TextureCoordinates=(テクスチャー画像の切り出し座標列が格納されているポリゴン属性フィールド名)
    が登録されていて、テクスチャー画像がプロジェクトファイルからの相対パスで取得できる場合に有効に処理される。